NEWS
2019.01.28

記者発表のお知らせ

EVO Japan 2019実行委員会は、2019年1月21日(月)、OnSITE(東京都千代田区六番町4番地5)にて、「EVO Japan 2019 Presented by NTT DOCOMO」記者発表会を開催いたしました。
本発表会では、髙島宗一郎 福岡市長と石丸修平 福岡地域戦略推進協議会事務局長が登壇し、「EVO Japan 2019 Presented by NTT DOCOMO」の開催地福岡市における官民一体の開催支援体制について発表させて頂きました。

福岡市の協力体制 <髙島 宗一郎 福岡市長コメント>

福岡市は10年以上前から「ゲーム産業都市」を目指し、ゲーム関連産業の振興に取り組んでまいりました。福岡市内のゲーム関連企業も約3倍,従業者数は約4倍に増加しており、今回のEVO Japanの開催に大きく期待しています。福岡市としては、産学官民一体となり今回のEVO Japan 2019を盛り上げていきます。

福岡市の協力体制 <福岡地域戦略推進協議会(FDC) 石丸 修平 事務局長コメント>

大会運営への支援については、大規模な大会の運営に不可欠なボランティアの確保と、開催期間中のボランティア管理を、FDC会員企業であるコングレが担っています。さらにボランティア要員も、会員企業の大原学園福岡校、麻生塾といったeスポーツに興味の高い専門学校の生徒さんを中心に、大勢の人材を提供します。中でも大原学園福岡校はボランティア参加を授業の一環として位置付けて単位認定の対象にするという積極的な姿勢です。
また、会員企業の西日本鉄道が交通系ICカード「nimoca」のEVO Japan 2019オリジナルデザイン版を発行します。また、福岡市中心部では、FDC会員企業が街中でのゲーム関連イベントも企画しています。

プロゲーマー「板橋ザンギエフ」「たぬかな」さんコメント

板橋ザンギエフさんは、「EVO Japan 2019」において「ストリートファイター ファイブ アーケードエディション(以下、ストファイブ)」、「たぬかな」さんは「鉄拳7」に参加を表明しました。

▶板橋ザンギエフさん(DetonatioN Gaming所属)
メインタイトルはしっかり勝ちに行きたいと思いますが、サイドトーナメントにも興味あるタイトルにいくつか参加したいなと思っています。EVOのサイドトーナメントはガチで参加するのもアリですが、ぷらっと参加して交流できるのも醍醐味。色んなタイトルがあるので楽しみたいと思ってます。

▶たぬかなさん(CYCLOPS athlete gaming所属)
ゲームは好きだけど今までは大会に出たことがない方や、地域的に東京には行けないけど、今回開催する福岡なら参加できるといった方にぜひ参加していだき、熱量を感じて頂き、やっぱりゲームって楽しいなと思って頂きたいです。1つのタイトルに絞らず、たくさんエントリーするのもアリだと思います!