メール誤送信に関するお詫び
この度、EVO Japan 2020 実行委員会が業務の一部を委託しておりますコミュニティ団体「ウメブラ」より、イベント当日の試合開始時間等をご案内した際に、操作を誤り、このメールを受信された方のメールアドレスが表示される形で送信していたことが判明いたしました。

皆様には多大なるご心配とご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。また、EVO Japan 2020 実行委員会として、この事実を重く受け止め、今後このようなことがないよう、努めてまいります。

なお、当該の皆様には、事態発覚後のタイミングでメールにてお詫びとご案内を差し上げておりますが、メールアドレスの変更などで不達となっている方が数名いらっしゃることが判明しましたため、改めて当Webサイトで本内容をご案内させていただくことといたしました。ご了承ください。
【概要】
2020年1月19日、EVO Japan 2020のトーナメントへの参加をお申し込みいただいた方のうち、一部の方にメールにて連絡を差し上げるため宛先設定を行なった際に、本来受信側でメールアドレス非表示となるbccとするべきところ、誤ってメールアドレスが表示されるccまたはToを使用してしまったことで、当該のメールを受信された方が、宛先となった方々全員のメールアドレスを目視できる状態となってしまいました。なお、翌日、この事実を確認した後、「ウメブラ」より、直ちに対象の方にメールにて、お詫びと当該メールの削除をお願いしております。
【漏洩した個人情報】
EVO Japan 2020に参加する選手の個人メールアドレス 768件
なお、現時点で、二次被害等が発生したとの報告はございません。
【今後の対応】
EVO Japan 2020 実行委員会加盟各社のみならず、業務の委託先含め、個人情報の取扱いについて、改めて管理を徹底するよう周知してまいります。また、参加選手や観客の皆様へのメール連絡の際は、宛先など個人情報の取扱い上問題がないか、複数名でチェックを行なうことで、再発防止を図ってまいります。
【本件に関するお問合せ先】
EVO Japan 2020 実行委員会
support@evojapan.net