ストリートファイターV アーケードエディション
対戦ルール
1. プレイサイド選択
両選手は、着席の際にマシンのどちら側につくか(誰が1Pで誰が2Pか)について合意しなければならない。合意に達しなかった場合は、ジャンケンで勝った選手が好きなサイドを選べる。

2. キャラクター選択
キャラクターの選択方法には次の3つがある:スタンダード、ダブルブラインド、サイド&キャラクター選択マナー。キャラクター選択方法について選手が協議しない場合、スタンダード方式が使われるものと理解される。キャラクター選択方法について選手が合意に達しない場合、審判はダブルブラインド方式を適用する。
 A)スタンダード方式:両選手は任意のタイミングで使用キャラクターを選択する。これは自由選択となる。選手は希望するキャラクターを選んでプレイを始める。どちらかの選手がキャラクターの選択を終えると、ダブルブラインド方式の適用を希望することはできなくなる。
 B)ダブルブラインド方式:選手は、もう一方の選手がキャラクターの選択を終える前に、明確なかたちでダブルブラインド方式を希望しなければならない。選手がダブルブラインド方式を希望した場合、左側の選手(1P)は自分がどのキャラクターを選択するか決め、その選択を審判に耳打ちする。審判は次に右側の選手(2P)にキャラクターを選ぶよう合図する。右側の選手(2P)が選択を終えると、大会運営者が左側の選手(1P)に最初に選んだキャラクターを選択させる。
 C)サイド&キャラクター選択マナー:どのサイド(1Pまたは2P)でプレイするかの選択権を得た選手が先にキャラクターを選択する、というマナーがある。これはあくまでもマナーである。選手に何らかの義務を負わせるものではない。

3. 試合の進行
サイドとキャラクターの選択が終わったら、選手は試合の第1ゲームを開始する。ゲームが終了すると、次のルールが適用される。
 A)どちらかの選手が規定のゲーム数を取ると、試合は終了する。
 B)どちらかの選手が規定のゲーム数を取ったら、試合の勝者は審判に結果を報告する。
 C)ゲームを取った選手にはサイド交替の権利はない。ゲームを落とした選手が移動を望まない場合、サイドの交替はできない。
 D)先行するゲームを取った選手は同じキャラクターを使い続けなればならないが、Vトリガーの変更はできる。ただし対戦相手がVトリガーを選択する前に先にVトリガーの選択を終えなければならない。
 E)先行するゲームを落とした選手は自由に次のキャラクター・Vトリガーを選択してよい。

4. ルール違反の報告
大会の開催中に、選手が大会ルールまたは大会中の特定ゲームのルールに違反することがある。ルール違反を正すために次の規則が適用される。
 A)試合に臨む選手は、あらゆる試合のルール違反を発見し、それを即座に大会運営者に報告する責任がある。
 B)ゲームプレイ外のルール違反はゲームの開始前に大会運営者に報告しなければならない(試合の第1ゲームを取った選手によるキャラクターの変更など)。
 C)選手はゲーム外のルール違反に対処するために進行中のゲームを中断してはならない。ゲーム外のルール違反に対処するために進行中のゲームを中断すると、ゲームを中断した人物がラウンドを放棄したことになる。
 D)ルール違反を報告するためにゲームを中断することが許されるのは、かかる違反が試合の最中に発生した場合のみである。
 E)進行中のゲームを中断してルール違反を指摘したがそれが誤りだった場合は、ゲームを中断した人物がラウンドを放棄したことになる。
 F)ルール違反はその発生時点で報告されなければならない。そうでないかぎり違反は不問とされる。
 G)大会運営者は選手の代わりにあらゆるルール違反を報告することができる。
 H)大会運営者がゲームを中断してルール違反を指摘したがそれが誤りだった場合、両選手は同じキャラクター、順番、サイドを選んでゲームをやり直す。この際、失格者は発生しない。
 I)違反を指摘するためにゲームを中断できるのは大会運営者と当該試合をプレイ中の選手のみである。
 J)選手がその他の理由によって偶然あるいは意図的にゲームを中断した場合、そのラウンドは放棄しなければならない。これの例としては、偶然コントローラーのSTARTボタンを押して試合をポーズする、自分あるいは対戦相手のジョイスティックのコードを抜くといった行為などがある。妨害が発生したのとまったく同じ時点からゲームを再開できない場合、その選手は1本を放棄しなければならない。ゲームを放棄しなければならないかどうかを決めるのは、選手ではなく大会運営者である。
 K)選手にとって不可抗力となる試合妨害(ゲームのクラッシュまたはフリーズなど)は、大会運営者が直接対処する。大会運営者はラウンドを中断時点から再開できるよう最善の努力をする。それが不可能な場合、両選手は同じキャラクターとモードを選んでゲームをやり直す。

5. 機材の不具合の報告
ビデオゲームのハードウェアは大会中に故障することが少なくない。ボタンやジョイスティックが試合の途中で壊れることもあり、故障した側の選手は非常に不利な立場に追い込まれる。故障が発生した場合は次のルールが適用される。
 A)機材が故障した場合、選手には進行中のゲームを中断して代替品を入手する選択肢が与えられる。
 B)進行中のゲームが中断された場合、報告した選手は現行のラウンドを放棄しなければならない。
 C)新しい機材は即座に用意されなければならない。代替機材が速やかに(通知から5分以内)入手できない場合、選手は現在の機材でプレイを続けるか試合を放棄するかを選択しなければならない。
 D)代替機材が入手できたら、選手はラウンドの残り時間でボタンの設定や動作の確認をすることができる。代替機材を入手した選手が過度のアドバンテージを得た(これによってEXゲージが大幅にチャージされるなど)と大会運営者が判断した場合、大会運営者は独断により当該選手にゲームの放棄を求めることができる。
 E)選手はゲーム間であればペナルティを受けることなく機材を交換することができる。この場合交換した選手には、次のゲームが始まる前にボタン類を設定する時間(5分間)が与えられる。

6. その他の追加ルール
 A)どの大会でも試合が引き分けになることはない。試合(決勝戦を含む)のプレイを拒否する選手は失格処分となり、その大会で得られたであろう権利や褒賞はすべて没収される。
 B)ゲームが引き分け判定を下した試合は、ゲームが引き分けでも勝者が決まっている場合を除き、再試合となる。
 C)必然的敗北ルールは適用される。必然的敗北とは、選手がラウンドまたは試合に適正に勝利した(対戦相手を倒す技がヒットした状態など)にもかかわらず、ゲームによって勝利アイコンが与えられる前にポーズをかけてしまった場合、依然として勝敗が確定することを指す。このルールの一般的な事例としては、選手1が選手2にクリティカルアーツをヒットさせたが、そのクリティカルアーツが掴み技のため最後のヒットが処理されるまでダメージが入らない、というケースが考えられる。この場合でも対戦相手はラウンドに適正に敗北したことになる。技がもう一方の選手をKOしたかどうかについて意見が分かれる場合、大会オフィシャルが試合のポーズを解いて技の結果を確認し、次の処理に移行する。技によって対戦相手が倒されていなかった場合は、ゲーム途中の中断に関するルールが適用される。
 D)競合相手との共謀はいかなる類のものであれチート行為とみなされる。大会運営者によって、競技者が共謀して結果を操作している、あるいは故意に手を抜いたプレイをしていると判断された場合、当事者である選手は即座に失格処分となる。この判断は大会責任者が独自に下すことになる。これによって失格処分となった選手は、その大会で得られたであろう権利や褒賞をすべて没収される。
 E)大会運営者は暴力、暴力行使の示唆、あるいはその他の脅迫・威嚇行為を一切容認しない。暴力行使の示唆や極端な威嚇行為、あらゆる種類の暴力には、即座に永久的出場停止処分が下される。
 F)大会会場内あるいはその周辺での賭博行為は禁止とする。会場内で賭博行為を行う選手は即座に大会から除外され、場合によっては永久出場停止となる。
 G)Kanzuki Beach、The Grid、Flamenco Tavern、Skies of Honorの各ステージは大会での使用が禁止される。
 H)R.ミカの職業コスチューム(ポンポン)は大会での使用が禁止される。

これらのルールは可能な限り公平かつ円滑な大会運営を実現するためのものである。だが予見されない状況によって特別な対応が必要となることもあり、そうした場合のために大会運営者は、理由や時期に関係なく独断によって大会ルールの一部変更や選手の除外を行う権利を有する。
参加はこちら

・エントリー受付時に登録した個人情報及びプレイヤーネーム、年齢、参加者の肖像を含む情報に関して、収集した情報を大会運営/広報を目的として利用します。
・大会期間中および大会後において、EVO Japan 2020実行委員会および大会関係者、各種メディアによって参加者の画像および映像が撮影され、ウェブサイト、広報物、紙媒体、放送含む各種メディアに掲載されることがあります。参加者はエントリーをもってこれを承諾したものとします。 同意して参加する 同意しない

・注意事項
トーナメント出場者は、大会開催時当日に満12歳以上であること。満18歳未満の場合は保護者による同意が必要となります。ただし、「SAMURAI SPIRITS」「SOULCALIBUR VI」については大会開催時当日に満17歳以上であること。
タイトルごとのトーナメントスケジュール、および当日の選手受付については後日詳細を発表いたします。

EVO Japan 2020 18歳未満出場者 参加同意書

・コントローラは原則ご持参お願いいたします
※若干数のアーケードコントローラーをご用意する予定ですが、数に限りがございますので、ご了承下さい。

・トーナメント当日の流れ
トーナメント当日は、参加の前に受付にて本人確認を行います。エントリー受付後、後日配信予定の登録完了メール(印刷したもの、もしくはスマートフォンの画面など)と身分証を持参してください。
登録にあたっては、大会規約の確認をお願いいたします。
当日の選手受付については、後日詳細を発表いたします。